「Google AdSense」に「却下」の烙印を押されましたけれど、リベンジしますヨ

「Google AdSense」に申し込みましたところ、「ちらうら蚤の市」は「ご利用が承認されませんでした」という結果でした。
1000近い記事があるようなサイトですと、「一発合格」はもともと難しいようですね。

問題:- 著作権で保護されているコンテンツ(中略)
著作権で保護されているすべてのコンテンツをサイトから削除していただくようお願いします。
そのうえで、下記の手順に従って再審査をお申し込みください。
必要な修正が完了して改めてお申し込みいただければ、すぐに再確認させていただきます。

とのことです。

具体的に「どこが」というところまで触れられていないので、勉強しながら、リベンジ申請いたします。

また、新しくこの3月に生まれたばかりのサイトでは認可されるようですから、勉強しながら設定していこうと思います。

携帯とスマートフォンで、WordPressの表示を最適化してくれるプラグインを追加しました

LUREA(ルレア)教材の「WordPress構築マニュアル」の中で、9つのプラグインが紹介されていました。
その中から、以下を追加で有効化しました。
(その他のプラグインは、「WordPressプラグイン。厳選7つ」に書いたものと重複していました)

Ktai Style

携帯表示用にWordPressを最適化してくれるプラグインです。

  1. [ダッシュボード]→[プラグイン]→[新規追加]をクリック→[検索]の文字の下のテキストボックスに、Ktai Styleと入力→[プラグインの検索]をクリック→[今すぐインストール]をクリック→[OK]をクリック→[プラグインを有効化]をクリック
  2. [携帯表示]→[テーマ]→(デザインを選び)[有効化]をクリック
  3. 画面一番下の[変更を保存]をクリック

WPtouch

iPhoneやAndroidなどのスマートフォン表示用に、WordPressを最適化してくれるプラグインです。

  1. [ダッシュボード]→[プラグイン]→[新規追加]をクリック→[検索]の文字の下のテキストボックスに、WPtouchと入力→[プラグインの検索]をクリック→[今すぐインストール]をクリック→[OK]をクリック→[プラグインを有効化]をクリック
  2. [設定]→[WPtouch]→WPtouch言語で[Japanese]を選択
  3. [保存オプション]をクリック
  4. (説明が日本語になりますので)設定内容を確認し必要に応じて変更します
  5. [保存オプション]をクリック

WordPressのウィジェットはアクセシビリティモードを無効にすると使い勝手がよくなります

[表示オプション]をクリックし、[アクセシビリティモードを無効にする]というボタン

古くから使っているWordPressサイト(ちらうら蚤の市)。
更新し、他のものと同じバージョンなのに、使い勝手がなぜか違うのです。
他のサイトは、たとえばTwenty ElevenやTwenty Twelveのテーマの場合、(外観→)[ウィジェット]で

  • [最近のコメント]などのパーツをドラッグして、追加や移動、使用停止ができる
  • [テキスト]をサイドバーにドラッグすると、その場で小さいウィンドウが開いて記入できる。

というように、直観的に作業ができます。しかし、古くから使っているサイトではそれらができません。

  • パーツが別窓で開く
  • パーツのドラッグができない
  • たとえば順番を変えたい場合は、表示順位を「数字」で入力しなければならない
  • たとえば削除したい場合は、削除したいパーツをクリック→別窓で開く→[削除]のボタンをクリック→[ウィジェット]に戻る、というように手順が多い

一度「快適」を味わってしまうと、元には戻れません。試行錯誤をし、以下の方法で、他のサイトと同様の操作ができるようになりました。

  1. ダッシュボードの[ウィジェット]
  2. 右上の[表示オプション]をクリックし
  3. [アクセシビリティモードを無効にする]をクリック

タイトル<title>が変更できない原因はプラグインの「All in One SEO Pack」でした

サイトのタイトル<title>が変更できない

WordPressとLUREAテンプレートで作成している姉妹ページ、「Excel、Word、Access、PowerPointって!?」にて。
サイトのタイトルが変更できず、スッタモンダ、でした。

指さし確認!

  1. ダッシュボード→設定→一般→サイトのタイトルで、「Excel、Word、Access、PowerPointって!?」になっている。
  2. ダッシュボード→外観→テーマ→カスタマイズ→サイトタイトルとキャッチフレーズ→サイトのタイトルで、「Excel、Word、Access、PowerPointって!?」になっている。

正しく設定できているようだ?
(それではなぜ、変更されていないのだろう?)

直接、書いてしまえ!

ならば直接書いてしまえ!と思った。

ダッシュボード→外観→テーマ編集→ヘッダー→header.php

<?php if(is_single()): ?><title><?php echo trim(wp_title(”,false)); if(wp_title(”,false)) ?></title>
<?php elseif(is_home()): ?><title><?php bloginfo(‘name’); ?></title>
<?php else: ?><title><?php echo trim(wp_title(‘ | ‘,true,’right’)); if(wp_title(”,false)) ?><?php bloginfo(‘name’); ?></title>

  ↓↓↓ (上を、下に、変更してみた)

<?php if(is_single()): ?><title>Excel、Word、Access、PowerPointって!?</title>
<?php elseif(is_home()): ?><title>Excel、Word、Access、PowerPointって!?</title>
<?php else: ?><title>Excel、Word、Access、PowerPointって!?</title>

それでもダメ

ここまでしても、タイトルは変更できない。
これほどの大きな圧力をかけているのは、いったい誰(ナニ)?

つらいのはphpが読み解けないことだ・・・ヨ・・・トホホ

原因は、プラグインの「All in One SEO Pack」だった。

Google検索で判明。同じようにタイトルが変更できずに困っている人がWordPressフォーラムにいた。その人は「All in One SEO Pack」の設定で「解決」していた。

さっそくわたしも。
ダッシュボード→設定→All in One SEO→ホームタイトル。
あった!
ここに、旧タイトルが!
「Excel、Word、Access、PowerPointって!?」に変更。修正完了。

で、反映確認OK!(めでたし、めでたし)

※ この記事は、「Excel、Word、Access、PowerPointって!?」にいったん書いたものを少しリメイクして再投稿しています。

パンくずリストを読みやすくしました

LUREAの「Refine snow」を使っています。

13コのWordPressサイトは、「LUREA」というツールに付属している「Refine snow」というテンプレートで作っています。

さて。このテンプレートですが、デフォルトの状態のまま濃い色の背景画像を使うと、個別の記事を開いたときに、パンくずリストのエリアの文字が読めません。(下図参照)

パンくずリストエリアの文字が読めません

パンくずリストの文字を読みやすくしたい

文字を読みやすくするために、背景を白くすることにしました。
できれば背景画像をできるだけ生かして、文字の回り、最小限のエリアを白くしたかったです。

パンくずリストエリアに記された「ID」を探しました。

  1. ブラウザを右クリック
    ページのソースを表示
  2. [ページのソースを表示](または、ソースの表示など)をクリック
  3. 表示されたページを右クリック→すべて選択→コピー
  4. HTMLエディタやメモ帳に[貼り付け]
  5. 文字列を[編集]→[検索]。
    (このテンプレート(Refine snow)では、タグの要所に▽△▼▲などが盛り込まれていて、どこの部分にどういう設定がしてあるのか、わかりやすく、探しやすいです)
    文字列は▽パンくずリストの下にありました

文字列には、以下の2つのIDが設定されていました。

<div id="breadcrumbs"><div id="breadcrumbs-inner">(パンくずリスト)</div></div>

  • breadcrumbs
  • breadcrumbs-inner

そのうち、より狭いエリアをシキッテいるのは、「breadcrumbs-inner」の方でした。

次に、CSSを探しました。

  1. WordPressのダッシュボード→外観→テーマ編集→スタイルシート(style.css)
  2. スタイルシートのテキストを[すべて選択]→[コピー]
  3. HTMLエディタやメモ帳に[貼り付け]
  4. [編集]→[検索]→breadcrumbs-inner

2か所に、breadcrumbs-innerがありました。
2か所目が以下。

#breadcrumbs-inner {
}

「容器」だけあって、中身がない。
「書くならここに書いてね~」と、スタンバイしてくれていたのです。

ここに、以下のように書きました。

#breadcrumbs-inner {
background: #ffffff url(http://showmo.net/css/white_back.gif) repeat-x 100% bottom;
text-indent: 1em;
}

  • 画像を絶対パスにしているのは、同じCSS、同じ画像を、13コのWordPressサイトに同時に適用させるためです。(参照:複数のドメインのデザインを一度に更新
  • 横(repeat-x)に100%の長さで表示してね。縦方向には原寸大のまま。エリアの下(bottom)に配置してね。
  • 背景画像(実際は幅1px高さ22pxです)文字が白枠にぴったりくっついてしまっていたので、text-indent: 1em; を入れました。

画像について

画像は縦22px 横1px。灰色から白へ、22段階のグラデーションになっています。下にアクセントで少し濃い灰色を入れました。

  • 参照:右画像。約9倍に拡大しています。

できあがり

これでパンくずリストが読みやすくなりました。(下図参照)

読みやすくなったパンくずリスト

CSS

ダッシュボードのリンクは不要!

以前は「リンク」があったはず・・・

WordPressのサイト13コのリンク集を作ろうと思い、ダッシュボードを開いた。
ここに確か「リンク」があったような~? と思ったのだがない。
5年前にインストールしたWordPressのダッシュボードには、(バージョンアップしているが)ある。(下図参照)
以前は、ダッシュボードに「リンク」がありました>

リンクが消えた

今年インストールしたWordPressには「リンク」がない。
新しいWordPressには「リンク」がない

なぜ?プラグイン?

もしかして「リンク」はプラグインだったのかな?
そう思って、前のWordPressのプラグインを確認した。
しかし、その中に、リンクに関するものがない。
ということは、プラグインではない・・・?

それなら・・・
ファイルがない、もしくは、破損している?

ファイルはあるのにダッシュボードにはない

ダッシュボードの「リンク」をクリックすると、ブラウザのアドレス欄に、http://XXX/wp-admin/link-manager.php と表示される。

ということは、「link-manager.php」?
このファイルがないのか?

しかし、あった。「link-manager.php」が「wp-admin」の中にあった。
ファイルはある。
あるのに「リンク」がない。

ブラウザで確認

試しに、アドレス欄に、http://XXX/wp-admin/link-manager.phpと打ち込んでみた。
すると、「リンク管理機能を使いたい場合は、Link Manager プラグインをインストールしてください。」と表示された。(下図参照)

青色の文字にマウスを乗せると、マウスが手の形になった。
で、文字列「Link Manager」 をクリックした。
すると、プラグインのインストール画面が表示された。
複数のプラグインが検索結果として表示され、Link Managerが一番上にある。
バージョンは、0.1-beta(!)だ。
プラグインのインストール

以下が、プラグインの右側に表示されていた説明。
日本語にざっくり訳すと、「WordPress 3.5では無効になっています。使いたかったらプラグインをインストールしてください」ということらしい。

In WordPress 3.5, the Link Manager (which some use to build blogrolls) will be disabled by default. If you have links when you update, it’ll still be there. But you can use this plugin to ensure it will always be there, even if you update to a later version of WordPress or remove all of your current links.

リンクがデフォルトでなくなったのは、最近のことのようだ。

リンクが帰ってきた!

プラグイン「Link Manager」の下の[今すぐインストール]をクリックし、[OK]をクリックし、[プラグインを有効化]をクリックすると、ダッシュボードのメニューに「リンク」が表示された!

でも・・・

ん~。でも、あらためて思う。
本当にこのプラグインは必要なのか?
この機能では、リンクを追加したい場合、1件、1件、手作業だ。
それは面倒ではないか?
しかも、順番が思い通りにならず、そのためにわざわざプラグインを入れたのに、そのプラグインがうまく機能しなかったような、そういう苦い記憶が・・・。

htmlエディターでリンクの一覧を作り、テキストに貼り付け、サイドバーに表示させる方法が、簡単だ。
一度に複数のリンクを設置できる。

結論!

ということで、結論としては、「プラグインのLink Manager」は不要。却下!

MapPress Easy Google Maps(WordPressプラグイン)

MapPress Easy Google Maps」というプラグインを追加しました。
アクセスのページに、Google Mapを埋め込むためです。

PHPを編集する方法もサイトで紹介されていました。
その方法は、またの機会に試してみることにし、今回はプラグインをインストールしました。

プラグインのインストールと設定

  1. プラグイン→新規追加→MapPress Easy Google Mapsと入力し、[プラグインの検索]をクリック
  2. MapPress Easy Google Mapsの下の[今すぐインストールをクリック]をクリック
  3. [OK]をクリック
  4. [プラグインを有効化]をクリック
  5. ダッシュボードの[MapPress]をクリック
  6. 適宜編集(わたしは以下のように設定しました)
    1. Automatic map display:Bottom of post(記事の下に)
    2. Map alignment:Center(中央に)
    3. Map border color:(枠線は)一番薄い灰色(#C0C0C0)に
  7. [変更を保存]をクリック

Google Mapの埋め込み

  1. マップを埋め込みたいページ(固定ページや記事)を開く、または、新規作成
  2. 本文の欄の下にMapPressの欄がありますので、[New Map]をクリック
  3. Map Titleを入力
  4. Add POI: 所在地を入力。日本語でだいじょうぶです。
  5. プレビューを確認
  6. Saveをクリック
  7. [更新]または[公開]をクリック
  8. できあがり!

Ping送信は多ければ多いほどいいの?

「Ping送信」ってなあに?

たとえるなら、ブログに新しい記事を書いたときに、
「検索ロボットさ~ん、ココに記事ができましたよ~」
と、知らせてくれる、頼もしい助っ人です。

そのPingクン。多ければ多いほどいいの?

助っ人がたくさんいれば、よさそうにも思えますが、そうでもなさそうです。
大勢が「よーいドン!」と一斉に出発すると、出口がつまってしまいます。
押し合いへしあい。結局、タイムアウト。だ~れも、オシゴトができませんでした、なんてことにも。

Pingクンは迷子になりやすいです

それから、Pingクン。
「ボクどこに行けばいいの?」と立ち往生してしまうことがよくあります。
リンク切れで、行先がなくなってしまっているのです。

実は、フリーのPing送信先アドレスは、変更されることが多いとのこと。
スパムなどの攻撃を受け、転々と、もしくは閉鎖せざるを得なくなるそうです。

多すぎるリンク、そして、切れたリンクのせいで、送信が「タイムアウト」になるのは、損ですね。
せっかくのSEO対策ですから、まめにチェックをいたしましょう。

ブログにリンクを貼り、リンクチェックプラグインを入れておくのも、ひとつほ方法です。

おすすめPingリスト

ping送信先はこれで決まり!

ping送信先はこれで決まり!

おすすめPingリスト

以下のPing送信先アドレスは、2013年3月10日現在、生きています。
(リンクが切れた場合、WordPressのプラグイン「Broken Link Checker」がその行に打ち消し線を引いてくれるハズ)

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.i-learn.jp/ping/
http://bulkfeeds.net/rpc
http://ping.gpost.info/xmlrpc
http://ping.rss.drecom.jp/

Yahoo!の検索エンジン対策に、以下もぜひ

http://api.my.yahoo.co.jp/rss/ping?u=あなたのサイトのRSSアドレス

WordPressのRSSアドレスは?

http://example.com/?feed=rss2
参照:【RSSフィードのURL】確認方法まとめ。Wordpress・ライブドア・FC2・Yahooブログ・その他。

143のリンクエラー(Broken Link Checker)

Broken Link Checkerは、あなたのサイトに新しいリンク157がリンクエラーと検出されました。

上の文章は、今、WordPress「ちらうら蚤の市」から届いたメールです。

「すべてのリンクエラーを見ることができます」の文字列をクリックすると、ダッシュボードが表示されました。(下の画像参照)

157のリンクエラー

ちらうら蚤の市」は、開始して5年。
書き散らかしてきた^^;WordPressサイトです。
記事数は800余り。
過去の記事は見直すことなく放置状態でした。

このたび、WordPressサイトを増やすにあたり、いろいろと見直しました。
見直した中で、今回あらたに追加した
「Broken Link Checker」というプラグイン。
これが、さっそく「オシゴト」をしてくれたわけですね。おりこうさん!^^

それにしても、発見されたリンクエラーが157とは、たまげました。
記事上で打ち消し線を自動でつけてくれているハズですから、「クリックしてガッカリ」という「信頼の喪失」は、多少?緩和されるかと思います。
ですが、暇を見つけて少しずつ修正していきましょう。

リンク切れだらけのサイトなんて、いただけません。^^;